血糖値を下げるための運動とは

血糖値を下げるための運動とは

運動する女性

血糖値が高い人は、運動不足の人が多い傾向にあります。また運動不足だと当然肥満になりやすく、その肥満がさらに血糖値を高くして、糖尿病に発展する可能性を高めることになってしまいます。

 

ということで、ここでは運動と血糖値についてのお話をしていきましょう。

血糖値を下げるのに適した運動とは?

運動は大きく分けると、有酸素運動と無酸素運動に分けられます。前者はウォーキングやサイクリングなど、後者は筋トレなど筋肉を発達させる運動のことです。

 

血糖値が高い場合は、有酸素運動がおすすめと言われています。有酸素運動を行うと、糖質や脂質がエネルギーとして消費されるため、血液中の糖を減らすことができるのです。また、インスリンの働きを改善することによって、体内の血糖値を正常に保ちやすくなります。

 

有酸素運動の中でも代表的なのはウォーキングやジョギングですね。これらは一度コースを決めれば誰でも手軽に取り組めるのが利点と言えます。

 

ただし、それまで運動不足ぎみだった人が突然長距離歩いたり、ジョギングを行ったりすると、膝や足などに負担をかけてしまう可能性もあるため注意が必要です。ある程度運動に慣れるまでは、ウォーキングなら短い距離で始めたりサイクリングのように足への負担がかからない方法で有酸素運動を続けていきましょう。

 

ちなみに、最も足に負担がかからず、かつ効率良く運動できるのは水中でのウォーキングです。特に流れるプールなどで流れに逆らって歩くと、短時間で効率良くカロリーを消費できます。

運動をすることで期待できる効果

運動療法は、糖尿病治療の基本と言われています。
前述した通り、運動をすることでインスリンの働きを助けたりと血糖値を下げるのをサポートしてくれますが、その他にも様々な効果を期待できるのです。

 

  • 続けていくことで減量できるので、肥満を改善できる
  • 骨粗しょう症や高血圧など生活習慣病の予防ができる
  • 心肺の機能向上
  • 運動能力の向上
  • ストレスを解消できる

 

体重が高いほど血糖値も高くなる!?理想の体重をチェックしよう!

自分の標準体重は、次の計算式で確認することができます。

 

自分の身長(m)×身長(m)×22

 

また、BMI値を確認することで、自分の体重がどのレベルであるのかを把握できるので、こちらも参考にしてみてください。

 

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

この計算式で出た値によって、自分の体重のレベルが変わります。
詳しくは下記を参考にしてください。

 

  • 18.5未満…体重が低すぎる
  • 18.5〜25未満…普通の体重
  • 25〜30未満…肥満レベル1
  • 30〜35未満…肥満レベル2
  • 35〜40未満…肥満レベル3
  • 40以上…肥満レベル4

 

もちろん、肥満レベルが高いほど体に対しての負担や糖尿病などの病気のリスクが高まります。計算式で出た数値によっては、早めの改善を心がけていきましょう。

 

血糖値が高い人へおすすめのサプリメントランキング