血糖値を下げるためにも重要な十分な水分補給

血糖値を下げるためにも重要な十分な水分補給

水を飲む女性

血糖値を下げるために出来ることから取り組みたい…。そう考えている人は多いでしょう。

 

そこでオススメしたいのが、十分な水分補給を行うことです。とはいえ、ただ大量に水を飲めばいいのかというと、そうではありません。

 

ここでは、血糖値を下げるのに効果を期待できる水分補給のポイントなどについてお話していきます。

血糖値を下げるための水分補給のポイントは?

私達人間が1日に必要とする水分量は、およそ2リットルと言われています。とはいえ、一気にこの量を飲めばいいというわけではないので注意しましょう。血糖値の低下を助ける効率良い飲み方や注意点をご紹介します。

 

水分補給はこまめに行う

一度にたくさんの水分を補給しても、体内では処理し切ることができません。そのため、ほとんどの水分が吸収されないまま排泄されてしまうのです。

 

血糖値を下げるには、摂取した水分がきちんと体内で吸収され、血液を薄めることが重要なので、そのためにもこまめに水分補給を行う習慣をつけましょう。1日あたり約2リットルを目安に、食事や休憩などを有効に使ってこまめに飲むようにしてください。

 

水分のとりすぎはNG

血糖値が気になるからと言って、1日に必要な量以上の水分補給をしてしまう場合がありますが、これだと腎臓に負担をかけることになるため注意しましょう。

 

過剰に水分補給をしすぎれば、その分排尿量も増えて腎臓の余計な働きが増えてしまいます。その結果、腎臓の機能低下などに繋がる可能性も高まるので、気を付けてください。

 

汗をかいた時はとにかく注意しよう

血糖値は体内の水分量に左右されるものです。汗をかいた場合、その分体内の水分が失われて血液がドロドロになります。

 

こうなると血液は濃縮されることとなり、血糖値の上昇に繋がるため注意が必要です。汗をかいた時や、かく時は必ず水分補給を心がけ、ドロドロ血液による血糖値の上昇を防ぐようにしましょう。

 

血糖値を下げるにはどのような水分がいいのか?

血糖値を下げるために摂取する水分についてですが、「吸収されることが重要ならスポーツドリンクが良さそう…」と考える人もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、スポーツドリンクには糖分が含まれているため、それを多量に飲んでしまうとかえって血糖値の上昇を招くことに繋がります。さらに、スポーツドリンクのような吸収されやすい飲み物に含まれる糖分は、普通の糖分に比べて吸収されやすいものなので、注意が必要です。

 

できるだけ糖分を含まない、カロリーの低いお茶やミネラルウォーターなどを選ぶと良いでしょう。ただし、利尿作用が強い飲み物だと、せっかく摂取した水分を十分に吸収しないまま排出してしまうため、オススメできません。コーヒーや紅茶など利尿作用が強いものは避けるようにしてください。

 

血糖値が高い人へおすすめのサプリメントランキング