妊娠中は血糖値が上がりやすい

妊娠中は血糖値が上がりやすい!妊婦が気をつけるべき点は?

妊婦

妊娠中になると血糖値が高くなりやすい、という話。

聞いたことはありませんか?

 

妊娠している間は自分の健康はもちろんのこと、赤ちゃんの健康にも十分に気を遣わなければならないもの。これを怠っては、元気な赤ちゃんを育むことができません。

 

「赤ちゃんのためにも健康には気を遣ってる!」という人も油断は禁物です。
血糖値のように、普段なかなか目に見えないところはつい見落としてしまうもの。もしかしたら健康だと思っていたはずが、血糖値が高くなっていた…という可能性も十分有り得るのです。

 

そこで、ここでは妊娠中の血糖値について、お話していきます。

どうして妊婦さんは血糖値が高くなりやすいのか?

私達の体内を流れている血液中に含まれる、ブドウ糖。これをエネルギーへと変換して体の活動をサポートしているのが、インスリンというホルモンですね。

 

普通、一般的な人の場合は血液中のブドウ糖量に合わせてインスリンが分泌され、血中のブドウ糖濃度を調節しています。

 

しかし、妊娠するとお腹にいる赤ちゃんの体内へ優先的にブドウ糖を送り込むために、母体ではインスリンの分泌が抑制されてしまうのです。つまり、妊娠中の女性の体は妊娠していない状態に比べて、血液中のブドウ糖をエネルギーに変換しにくくなります。

 

そして、妊娠中は赤ちゃんの分のエネルギーを摂取しなければならず、自然と食欲も上昇するもの。この状態で、いつもの感覚で糖分ばかり摂取してしまったら、どうなるでしょうか?

 

そう、当然血液中のブドウ糖が消化しきれず血糖値が上がってしまうことになります。妊婦さんの血糖値が高くなりやすい原因は、インスリン分泌量の低下にあったわけですね。

妊娠中の血糖値が高いと、赤ちゃんにはどう影響するのか?

妊婦と子供

妊婦さんの血糖値が高くなると、赤ちゃんにはどのような影響が及ぶのでしょうか。

 

まず、母体の血液中に含まれるブドウ糖がどんどん赤ちゃんに送り込まれるため、巨大児となる可能性が高まります。巨大児になるとお産が長引きやすくなる上に、難産となる可能性も高まるので注意が必要です。

 

その他にも、流産や早産のリスクが上昇したり、胎児発育不全、胎児機能不全などの危険性も高まるでしょう。

 

さらに、母体が常に高血糖の状態だと、当然赤ちゃんの体も高血糖の状態が続きます。そのため、その過剰な量に応じたインスリンを分泌するようになるのです。このまま赤ちゃんが産まれると、赤ちゃんの体内はインスリンが過剰に残った状態に陥り、急激な血糖値低下によって障害が起こる可能性も高まります。

 

妊娠中に血糖値がヤバイ…と感じたら?

妊娠中に血糖値が高いことを指摘されたら、まずはどうすればいいか悩んでしまいますね。でも、安心して下さい。きちんと相応の対策をしていけば、血糖値を正常値まで戻すことは可能です。

 

血糖値が高い場合は、まず食生活の見直しをしてみましょう。1日あたりの摂取エネルギーを調べて、その範囲内におさめるようにメニューを工夫します。パンや米、麺類などの炭水化物や砂糖を多く含んだ菓子類は控えめにして、食物繊維を多く含む野菜を中心とした食べ物を食べるようにしましょう。

 

また、適度な運動も血糖値調節に役立ちます。1日15分〜30分程度のウォーキングやストレッチ、ヨガなどを習慣付けましょう。もちろん、無理は良くないので適度に汗をかく程度にとどめてください。

 

また、気軽に取り組める血糖値対策としてオススメなのが、サプリメントです。サプリメントは薬と違って、健康食品に分類されるもの。天然由来成分だけを使ったものも多いです。妊娠中に飲んでも差し支えのないタイプもありますので、ぜひ有効活用してみてくださいね。

 

血糖値が高い人へおすすめのサプリメントランキング