血糖値を下げることができる漢方薬は?

血糖値を下げることができる漢方薬は?

漢方薬

血糖値が気になっているけど、できれば西洋薬には頼りたくない・・・そんな悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

 

西洋薬は確かに効き目も早いですが、その分体に負担をかけるものです。特に日常的に飲み続けることが必要となると、その分負担も大きくなってしまいます。

 

そこで近年注目されているのが、東洋医学で使われている漢方薬です。漢方薬は即効性こそありませんが、副作用もほとんどなく、体内のバランスを少しずつ整えていくことで症状の緩和を狙っていきます。使われているものは薬草などで、体への負担も少ないのです。

 

それでは、血糖値が高い人にオススメな漢方薬をご紹介していきましょう。

血糖値が高いなら、この漢方薬がオススメ!

それでは、血糖値対策にオススメの漢方薬をご紹介します。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

発汗を促進させて熱を冷まし、便秘の改善などの効果を期待できます。さらに、体内の水分バランスを整えて血行促進することで血糖値が上昇しすぎないようにサポートしてくれるのです。

 

基本的に体力がある人に処方されます。また、肥満やメタボリックシンドロームに悩んでいる人の改善にも効果が期待できるでしょう。

 

白虎人参湯(びゃっこにんじんとう)

主にほてりや多汗症、乾燥などの治療に用いられる漢方薬です。体力を回復させつつ、口の渇きや発熱などを緩和させてくれます。ある程度、体力のある人に処方される漢方薬です。

 

五苓散(ごれいさん)

吐き気やめまい、頭痛、むくみ、下痢の改善に用いられることが多い漢方薬です。服用することで体内の水分の循環を整えてくれます。その結果、余計な水分をどんどん排出することができるのです。

 

大柴胡湯(だいさいことう)

胸や脇に炎症による苦しさや肩こり、便秘などがある人を中心に用いられる漢方薬です。血糖値が高い人にもオススメですが、基本的には体力があり、尚且つみぞおちや胸、脇腹が張って苦しいという症状が出てる場合にのみ処方されます。

 

八味地黄丸(はちみじおうがん)

主に冷えやしびれ、脱力感、頻尿などに悩まされている高齢者を中心に処方される漢方薬です。高血糖に良い効果を期待できる漢方薬の中でも、虚弱体質な人にも処方できる貴重な1つとなっています。

 

田七人参が高血糖改善には一番!?

田七人参とは、高麗人参と並んで、日本でも知られるようになってきた人参です。田七人参は、東洋医学の世界では古くからとても貴重なものとして重宝されてきました。

 

さて、この田七人参…実は血糖値が高い人にとって非常に強い味方となると言われているのをご存知でしょうか?実は田七人参を服用することで、次のような効果を期待できると言われています。

 

  1. 血糖値を下げる
  2. 糖尿病の予防と改善
  3. ヘモグロビンa1cを下げる

 

これらの働きには、田七人参に含まれているパナキサトリオール、トリテルペンサポニンが深く関係しています。まず、前者は糖の吸収を妨げて血糖値の上昇を防ぎ、後者は抗糖尿病作用を持つため、血糖値を下げるためのサポートをしてくれるのです。

 

このような効果が期待できることから、田七人参の成分を含んだサプリメントが作られるようになっています。サプリメントであれば、1日数粒を飲むだけで有用成分を手軽に摂ることができます。

 

田七人参を試してみたいという方は、まずはサプリメントから始めてみてはいかがでしょうか。

 

⇒おすすめの田七人参サプリメントはこちら

 

 

血糖値が高い人へおすすめのサプリメントランキング