血糖値を下げることができる栄養素は?食品・食材は?

血糖値を下げることができる栄養素は?食品・食材は?

女性医師

血糖値が気になっている人にとって、血糖値を下げてくれる食べ物は非常に心強いものですね。そこで、ここでは血糖値を下げるためにオススメな栄養素と食べ物をご紹介していきます。

 

健康診断で血糖値が高くて心配…という人はもちろん、血糖値を良い状態のまま維持していきたい人は是非参考にしてください。

 

血糖値の仕組みについて

人間は食事をとると、血糖値が上昇します。これは、食事で摂取した糖質が消化吸収されることによってブドウ糖に変わり、血液中に放出されるためです。

 

こうして血糖値が上昇すると、本来はインスリンという物質が分泌されて上昇しすぎた血糖値を調節してくれます。つまり、糖質をとりすぎたり過剰なストレスや運動不足などによって、血糖値が高い状態が続くとその分インスリンの分泌が必要になるわけです。

 

その結果、インスリンを分泌している器官である膵臓に負担がかかり、機能が弱まります。こうしてインスリンの分泌量が減れば、当然血糖値も低下しにくくなるため、糖尿病などの病気につながってしまうのです。

 

血糖値を低下させるためにオススメな栄養素・食材は?

上記の事から、血糖値を下げるために必要なのは、次のような働きです。

 

  1. インスリンの合成を促進させる
  2. インスリンが分泌されるのを助ける
  3. 消化器官での糖質の吸収を抑える
  4. ブドウ糖が細胞に吸収されるのを促進させる
  5. 炭水化物をブドウ糖に変えるのを邪魔する

 

それぞれの働きを持つ栄養素及び食べ物をご紹介しましょう。

1.インスリンの合成を促進させる

亜鉛を代表としてビタミンB6やナイアシン、マンガンなどがこの働きを持ちます。亜鉛は牡蠣やしじみを中心に多く含まれているので、これらのエキスが配合されたサプリメントを活用すると良いでしょう。

2.インスリンが分泌されるのを助ける

  • ビタミンD…きのこ類に含まれている他、日光浴をすることで生成可能
  • クロロゲン酸…生のコーヒー豆、キク科植物に含まれる栄養素
  • ルチン…蕎麦に多く含まれているもの
  • チャランチンとサポニン…ゴーヤに含まれているもの(サポニンは薬用人参にも含まれます)

 

この他、牡蠣に多く含まれるタウリンやシステインにも同じ働きがあります。

3.消化器官での糖質の吸収を抑える

天然もののタラの芽に含まれるエラトサイド、水溶性食物繊維(海藻類やこんにゃく)、ムチン(オクラやなめこ、里芋)などが持つ働きです。他にも、人工合成産物の難消化性デキストリンやギムネマ酸が同じ作用を持ちます。

4.ブドウ糖が細胞に吸収されるのを促進させる

ゴーヤやバナバ茶に含まれるコロソリン酸、シモン芋やカイアポ芋に含まれるCAF、明日葉に含まれるカルコンなどが持つ働きです。

5.炭水化物をブドウ糖に変えるのを邪魔する

グァバ茶に含まれるテアフラビン、サラシアオブロンガに含まれるサラシノール、桑の葉に含まれるデオキシノジリマイシンなどが持つ働きです。人工合成産物の小麦アルブミンも同じ働きを持ちます。

 

また、上記に挙げたものの他にも、次のような栄養素・食べ物がオススメです。

 

  • クエン酸…柑橘類
  • 不溶性食物繊維…穀類や芋類
  • ジスルフィド類…黒にんにくや玉ねぎ

 

以上が、血糖値を下げるのに役立つ栄養素と食べ物です。

 

血糖値が気になる方や、生活習慣病を予防したい方は積極的にこれらの食べ物を摂取していきましょう。

 

血糖値が高い人へおすすめのサプリメントランキング