コーヒーを飲むと血糖値が下がる?糖尿病予防の有効か?

コーヒーを飲むと血糖値が下がる?糖尿病予防の有効か?

コーヒー

コーヒーと言われると、カフェインによる目覚まし効果がぱっと思い浮かぶ人は多いでしょう。人によっては、カフェインがあるから体に悪い…というイメージを持っている人もいらっしゃるかと思います。

 

でも、そんなコーヒー…ブラックで飲むと血糖値を低下させる効果を期待できるということが、近年注目されているのをご存知ですか?

 

ここでは、コーヒーと血糖値の関係について、お話していきたいと思います。

コーヒーの成分について

コーヒーと言えば、カフェイン…どうして血糖値を低下させるのに良いの?
そう疑問に思われる方は多いでしょう。

 

このカフェインと、もう1つの成分「クロロゲン酸」
これらが血糖値の改善に効果を期待できるものとして注目されているのです。

 

カフェイン

一見すると体に悪そうなイメージを持つカフェインですが、実はインスリンの分泌促進の効果を期待できることが近年明らかになっています。また、インスリンの感受性も高める他に血流促進などの効果も期待できるでしょう。

 

クロロゲン酸

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸こそ、コーヒーが糖尿病対策に効果を期待できる秘密、そのものです。糖代謝を活性化させる働きを持つため、血液中のブドウ糖を効率よく減らし、血糖値を安定させてくれます。

 

コーヒーを飲むタイミングも大事

コーヒーと言えば食後に飲むもの…という人は多いでしょう。しかし、血糖値を下げることを目的に飲む場合は、食前に飲むのが良いと言われているのです。

 

コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸という2つのポリフェノールによって、ミトコンドリアの働きが活性化します。これが血糖値を下げやすい状況を作り出してくれるのです。

 

つまり、食事をする前…糖質を摂取する前にコーヒーを飲んでおくことで、血糖値の上昇を抑えることが可能となります。特に血糖値を下げる効果を期待してコーヒーを飲もう、と考えている人はできるだけ食前に飲むことがおすすめですよ。

 

1日に飲む量はどのくらいがいいのか?

血糖値を下げたいからと言ってがばがばと、何杯もコーヒーを飲めばいいというわけではありません。飲みすぎるとカフェインの摂取しすぎによってカフェイン中毒になったり、頭痛やイライラに繋がってしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

そこで、1日あたりの適切な摂取量ですが、3杯〜4杯程度が良いとされています。これ以上増やすと飲み過ぎになって、体に悪い作用も出始めてきるようですので注意が必要です。

 

飲むときのポイント

コーヒーで血糖値を安定させたい…と考えている人は、できるだけブラックコーヒーの状態で飲むようにしてください。砂糖は当然のことですが、糖分が含まれているので血糖値が上昇してしまい、本末転倒となってしまいます。どうしてもブラックコーヒーが苦手…という人は、砂糖は入れずにミルクだけ入れるようにしてください。

 

糖尿病を発症している場合は逆効果も…?

コーヒーが糖尿病を予防する効果については、世界から注目されています。

 

しかし…実はこれ、糖尿病を発症していない人に限る話とされているのです。実際に糖尿病を発症している人の場合、カフェインがインスリン感受性に悪影響を与えてしまうため、逆効果になる可能性があります。

 

糖尿病を発症してしまうと、インスリン感受性に問題が現れてくるため、そのような人にはコーヒーによる血糖値低下の働きは期待できないと言われているようです。

 

 

いかがでしたか?
健康面において害もあるイメージなコーヒーですが、毎日適量を意識すれば糖尿病の予防や対策に効果を期待できます。飲み過ぎ、飲まな過ぎを意識して糖尿病の予防と対策に活用していきましょう。

 

血糖値が高い人へおすすめのサプリメントランキング